Topニュース・お知らせ >障害者福祉の新事業 児童発達支援施設「クロッカ五反田」オープンのお知らせ

ニュース・お知らせ

ニュース

障害者福祉の新事業 児童発達支援施設「クロッカ五反田」オープンのお知らせ

2019年06月04日

子育て支援事業を行っている株式会社学研ココファン・ナーサリーは、6月に児童発達支援事業を新たに開始し、療育施設「クロッカ五反田」をオープンします。

文部科学省の調査によると、全国の公立小・中学校の通常学級に在籍する児童生徒のうち、発達障害の可能性があるとされた小中学生は6.5%にのぼるとされています。また、1歳6ヶ月健診、3歳児健診で発達障害が疑われる子どもの割合も増加していると言われています。しかし、発達障害の子どもを支援する施設の整備が追いつかず、不足しているのが現状です。

学研グループとして障害児支援分野で初めての施設となる「クロッカ五反田」は、発達の遅れや特性がある未就学の子どもに対し、ソーシャルスキルトレーニングや生活動作スキルアップの指導などの「療育」を行う通所の施設です。早い段階からの療育提供によって、不登校や引きこもり、うつなどの二次障害を予防し、子どもが社会の中でその子らしく生きていくことができる力を身につけることを目指します。
また、当社が運営している保育園や、地域の保育園・幼稚園と連携を図り、早期発見・早期療育の仕組みをつくります。

当社は独自の「学研版地域包括ケアシステム」を推進しており、今回の新事業はその実現に向けたサービスの一環となります。これまで行ってきた子育て支援事業のサービス提供者層を障害児とその家族へ広げ、適切な支援と支援の場を提供することを大きな目的としています。

今後、質の高い療育サービスの提供を通し、障害者福祉サービスの充実と、子どもの発達に特性があってもその子らしく生きていくことができる環境づくりに取り組んでいきます。

■学研の療育施設「クロッカ」

【療育方針 みらいへ続く子どもをはぐくむ】
・学研独自のメソッドによる療育を提供
・頻回な保護者面談の実施、園との情報共有・連携
・・・子どもに関わる各場所と密に連携を図り、情報共有することで、より子どもの様子に合わせた療育を提供。また療育施設の中以外の場所でも、子どもが安心して過ごすことができる環境を整えることを目的としています。
・知的能力だけでなく「自信・意欲」「コミュニケーション能力の向上」「自己選択・自己判断」などの「生きる力」を育む支援
・・・学校や職場など、将来環境が変わっても、その子が社会の中で自分らしく生きることができることを目指しています。

KLOCKA:スウェーデン語で「見つめる」

【クロッカ五反田 概要】
所在地:東京都品川区西五反田6-7-5 ダイアン西五反田2F
定員:10名
対象年齢:おおむね2~6歳(就学前)
療育プログラム:少人数グループ療育/マンツーマン療育
営業日:月~金曜日 営業時間:9:30~17:00
※児童発達支援事業所・・・各都道府県から認可を受けた事業所。利用にも障害者福祉サービスを受けるための受給者証が必要。

■学研版地域包括ケアシステムについて

一般的に要介護高齢者に焦点を当てた「地域包括ケアシステム」に対し、学研グループでは、子育て支援事業、教育事業との連携により0歳児から100歳を超える高齢者までを対象とした「学研版地域包括ケアシステム」を推進しています。